J研 for Android

PACO DE LUCIA

PACO DE LUCIAの楽曲一覧です。欲しい曲を探してみよう!

PACO DE LUCIA』の他にも色々あるよ♪

El Tempul(1曲)
Impetu(1曲)
Entre Dos Aguas(1曲)
Soniquete(1曲)
Guajiras de Lucia(1曲)
Labarrosa(1曲)
Casilda(1曲)
Monasterio de Sal(1曲)

spacer

PACO DE LUCIA』とは

PACO DE LUCIAについての情報です!

パコ・デ・ルシア(Paco De Lucía、1947年12月21日-)はスペインのギタリスト。フラメンコやジャズの分野で活躍している。

スペインの港町アルヘシラスで生まれる。父や2人の兄もギターが弾け、パコもギターを習う。また、父の友人であるフラメンコ・ギタリスト、ニーニョ・リカルドからも影響を受けた。パコは後年、アルバム『Siroco』(1987年)に、「ニーニョ・リカルドに捧げる」という曲を収録。

弱冠12歳で、兄のペペ・デ・ルシアとのデュオで初レコーディングを経験。1964年から数年間、リカルド・モンドレーゴとのデュオで活動。

1967年、初のリーダー・アルバム『La Fabulosa Guitarra De Paco De Lucía』を発表。そのテクニックは日本でも知られることになるが、パコは楽譜の読み書きができず、ホセ・トレグロサが楽譜の作成を手伝い、共作者としてもクレジットされている。

1977年、フラメンコの分野で活躍してきたパコに転機が訪れた。元リターン・トゥ・フォーエヴァーのフュージョン・ギタリスト、アル・ディ・メオラのアルバム『エレガント・ジプシー』に参加し、ジャズ/フュージョンのファンからも認知を得る。1979年には、ジョン・マクラフリン、ラリー・コリエルとの3人で、アコースティック・ギター3本だけのツアーを行う。その後ラリーに代わってアルが加入し、『Friday Night In San Francisco』(1981年)、『Passion, Grace & Fire』(1983年)を発表。この3人は、スーパー・ギター・トリオという愛称で親しまれ、1996年には再び活動を共にしている。

1990年には、チック・コリアがゲスト参加した『Zyryab』を発表。なおもフラメンコの枠にとどまらぬ活躍を続ける。

[出典]ウィキペディア:フリー百科事典

着メロ -> 洋楽 -> PACO DE LUCIA

iPhone用ログイン

auをご利用のお客様
au IDログイン

softbankをご利用のお客様
my softbankログイン

docomoをご利用のお客様
docomoログイン
Apple端末でログインできない方はコチラ

携帯J研へアクセス

https://j-ken.com/?in=pco_q

くまちゃんのつぶやき

くまちゃん画像
くまちゃん@jken_kumachanのつぶやきをチェックしよう!

spacer

許諾番号
会社概要 | 利用規約 | Cookieに関するガイドライン |  個人情報保護方針 | 個人情報の利用目的
〜着メロならJ研〜
株式会社CAM