J研 for Android

天国にいちばん近い島

天国にいちばん近い島の楽曲一覧です。欲しい曲を探してみよう!

天国にいちばん近い島』の他にも色々あるよ♪

spacer

天国にいちばん近い島』とは

天国にいちばん近い島についての情報です!

『天国にいちばん近い島』(てんごくにいちばんちかいしま)は森村桂の旅行記。1966年に出版された。子供の頃、亡き父(作家の豊田三郎)が語った、花が咲き乱れ果実がたわわに実る夢の島、神様にいつでも逢える島。働かなくてもいいし、猛獣や虫もいない…そんな天国にいちばん近い島が地球の遥か南にあるという。それが、きっとニューカレドニアだと思い、ニューカレドニアへ行くことを心に誓う。死んでしまった父に、また会えるかも知れない…そう信じて。母が寂しがっていると言えば、心地よいその島暮らしを捨ててでも戻ろうと思ってくれるに違いない。そして、神様の目をぬすんで、父を連れて帰ればいい!そう信じて出発した旅行の顛末。まだ海外旅行自体が自由にできなかった頃ゆえの苦労、夢と現実のギャップ、現地の人達との交流などの体験が書かれる。

1968年、『あしたこそ』というタイトルでNHK朝の連続テレビ小説の8作目としてテレビドラマ化(『違っているかしら』からも一部原作を引用)、1984年12月に原田知世主演で映画化。

[出典]ウィキペディア:フリー百科事典

着メロ -> TV・映画 -> 天国にいちばん近い島
主題歌 / 挿入歌 / CM / OP / ED / オルゴール

iPhone用ログイン

auをご利用のお客様
au IDログイン

softbankをご利用のお客様
my softbankログイン

docomoをご利用のお客様
docomoログイン
Apple端末でログインできない方はコチラ

携帯J研へアクセス

https://j-ken.com/?in=pco_q

くまちゃんのつぶやき

くまちゃん画像
くまちゃん@jken_kumachanのつぶやきをチェックしよう!

spacer

許諾番号
会社概要 | 利用規約 | Cookieに関するガイドライン |  個人情報保護方針 | 個人情報の利用目的
〜着メロならJ研〜
株式会社CAM