J研 for Android

岡本敦郎・安西愛子

岡本敦郎・安西愛子の楽曲一覧です。欲しい曲を探してみよう!

岡本敦郎・安西愛子』の他にも色々あるよ♪

朝はどこから(1曲)

spacer

岡本敦郎・安西愛子』とは

岡本敦郎・安西愛子についての情報です!

岡本 敦郎(おかもと あつお、1924年12月25日 - )は、小樽市出身のアイドル・歌手。武蔵野音楽学校(現武蔵野音楽大学)声楽科卒業。コロムビアミュージックエンタテインメント所属。

1946年にラジオ歌謡「朝はどこから」でデビューした。この曲は当時戦後間もない頃であったが広く親しまれ愛唱された曲である。抜群の伸びのある美声と正統派の歌唱で、第二の藤山一郎と言われ、戦後の歌謡界を席巻した。1949年の「街の艶歌師」の小ヒットを皮切りに流行歌のヒットが増えて行った。ちなみにこの作曲は八洲秀章で岡本敦郎にしては珍しい演歌である。そして「白い花の咲く頃」の大ヒットや「チャペルの鐘」「あこがれの郵便馬車」などのヒットを経て1954年にリリースした「高原列車は行く」は爆発的ヒットとなり現在までの岡本敦郎の代表曲となった。その後も「ピレニエの山の男」「自転車旅行」「若人スキーヤー」などヒットを飛ばした。また、NHKラジオ歌謡を多く歌いヒットさせたことから「ミスターラジオ歌謡」の異名を持つ。舟木一夫の「高校三年生」は岡本の吹き込みを想定して作られたものである。また歌手業の傍ら、音楽教師としても活躍した。教え子には舟木一夫や若原一郎などがいる。1995年には戦後50年及び自身のコロムビア専属50年を記念し、同じく専属50年の並木路子・池真理子と共に新曲を発売し、日比谷公会堂でジョイントコンサートを行った。2007年9月18日に脳梗塞のため入院するも早期発見が幸いして投薬治療で回復。翌08年1月21日放送の「ラジオ深夜便」で仕事復帰した。 80歳を超えた現在でも、「思い出のメロディー」(NHK)やテレビ東京の懐メロ番組へ常連出演し健在振りを見せている。

安西 愛子(あんざい あいこ、本名:志村 愛子(しむら あいこ)、1917年4月13日 - )は、日本の童謡歌手、声楽家、政治家。元自由民主党参議院議員(3期)。安西音楽研究所名誉会長。杉の子こども会名誉会長。東京音楽学校本科研究科(現東京芸術大学大学院)卒業。

[出典]ウィキペディア:フリー百科事典

着メロ -> J−POP -> 岡本敦郎・安西愛子
オルゴール

iPhone用ログイン

auをご利用のお客様
au IDログイン

softbankをご利用のお客様
my softbankログイン

docomoをご利用のお客様
docomoログイン
Apple端末でログインできない方はコチラ

携帯J研へアクセス

https://j-ken.com/?in=pco_q

くまちゃんのつぶやき

くまちゃん画像
くまちゃん@jken_kumachanのつぶやきをチェックしよう!

spacer

許諾番号
会社概要 | 利用規約 | Cookieに関するガイドライン |  個人情報保護方針 | 個人情報の利用目的
〜着メロならJ研〜
株式会社CAM