J研 for Android

尾藤イサオ

尾藤イサオの楽曲一覧です。欲しい曲を探してみよう!

尾藤イサオ』の他にも色々あるよ♪

サラマンドラ(1曲)
熱き鼓動(1曲)

spacer

尾藤イサオ』とは

尾藤イサオについての情報です!

尾藤 イサオ(びとう いさお、1943年11月22日 - )は東京都出身の歌手。本名は尾藤 功男(びとう いさお)。現在はアトリエ・ダンカン所属。父は落語家で寄席で活躍した3代目松柳亭鶴枝。
1953年に、曲芸師鏡小鉄の内弟子となり、幼少時代は太神楽の曲芸師として活躍。1961年に18歳で歌手デビュー。1962年にはアニマルズのカバー「悲しき願い」(原題 Don't Let Me Be Misunderstood)がヒット。1963年には、第20回記念「日劇ウエスタンカーニバル・プレスリー賞」を受賞。マック・ザ・ナイフのカバーもヒット。一時期はブルーコメッツのメンバーでもあった。

1966年、ビートルズ日本公演の前座として内田裕也、ブルージーンズ、ジャッキー吉川とブルーコメッツと出演。合同演奏などを行う。ビートルズ来日前に渡辺プロダクションよりの移籍に絡む問題でブールジーンズのリーダーを脱退した寺内タケシを含めたメンバーで1964年東芝音楽工業より発売されたアルバム「サーフィン&ホッドロッド」と1965年発売の「レッツゴーモンキー」はグループサウンズ時代の前の傑作日本のロックとして記念すべき名盤。現在CDで入手可能。

エネルギッシュで熱いシャウトのヴォーカルは彼の特徴でもあり、ボクシングアニメ「あしたのジョー」の主題歌を歌ったことが話題となる。後年、テレビ朝日の『いきなり!黄金伝説。』の「カラオケで100点取るまで歌い続ける男」に出演。伝説に挑戦中のココリコの遠藤章造に助っ人として登場し、「あしたのジョー」を歌うも100点を出すことは出来なかった。

現在も歌手、俳優、声優として活躍中。

[出典]ウィキペディア:フリー百科事典

着メロ -> J−POP -> 尾藤イサオ
オルゴール

iPhone用ログイン

auをご利用のお客様
au IDログイン

softbankをご利用のお客様
my softbankログイン

docomoをご利用のお客様
docomoログイン
Apple端末でログインできない方はコチラ

携帯J研へアクセス

https://j-ken.com/?in=pco_q

くまちゃんのつぶやき

くまちゃん画像
くまちゃん@jken_kumachanのつぶやきをチェックしよう!

spacer

許諾番号
会社概要 | 利用規約 | Cookieに関するガイドライン |  個人情報保護方針 | 個人情報の利用目的
〜着メロならJ研〜
株式会社CAM