J研iPhone向けサービス開始

東京行進曲[フルコーラス]/佐藤千夜子 by あしたに〜

10
: 6.5KB
: 483KB / 1.9MB

携帯で試聴・ダウンロードする

http://j-ken.com/a.php?a=691930&in=pco_q
携帯から綺麗な音質で試聴出来ます

URLを携帯に送る

※スマートフォンはこちらの機能は非対応となります。
Check
メロコード 691930
クリエイター名 クリエイター あしたに〜
楽曲名 東京行進曲
J−POP 佐藤千夜子
その他 中山晋平
貼り付け
⇒HELP
spacer
コメント
リクエストと、手持ちの譜面があったので、作成してみました。レトロっぽい感じにしたツモリでス。佐藤千夜子の音盤をきいたコトは無いので、うたと間奏などのつなぎ方は、たぶん違うとは思いまスが…。感想&応援メール待ってます♪

spacer
更新日 修正日 形式 バイブ連動 ポイント アクセス数 試聴数 DL数 DL率
08/09/04 - MA-5 バイブレーション対応 無料曲 1845 1313 99 7.54%
東京行進曲』の他にも色々あるよ!
spacer  
みんなの感想 [ 感想数:10 ]
注意感想の度を越した連続投稿はご迷惑となりますのでご遠慮下さい
お名前
感想
ゆっきぃ(P07A3)
2009/09/07 00:28
福祉関係の仕事で知らない昔の歌を歌わねばならぬ事も多くて。助かりました。ありがとうございました。
感想御礼♪ 福祉…たぶん〈ご高齢〉の方々が対象でしょうけど、「音楽療法」があるくらい、「歌」は、非常に有効なアイテムだとか。呼びかけても反応が無かった方が、歌を聴いたら反応して、交流ができるまでに戻れた…コトも有ったと聞いてます。 さて、ご高齢の方と歌う時には、こうした〈古い曲〉や、唱歌童謡などが、一番良いのですが、〈〜ねばならぬ〉と、確かに「必要に迫られて」ではあるのでしょうけど、歌っていると〈イイ感じ〉になりますよね。チャラチャラしていないし、聴くのも歌うのも雰囲気があるし。 こういった曲が流行っていた頃は、音楽を聴くのは〈ラヂオ〉で、映像が無いから、耳からきこえてくるオトを聴いていたから、当然「聴ける」歌でないと、伝わらないワケでして。だから、今の時代に聴いても、確かに〈古くさい〉けど、立派に通用できるンですよね。 オイラは「歌声喫茶」に居るから、親しむ機会は多く、カラオケに行っても、こういった曲を選んでしまいます。
- あしたに〜 - 2009/09/07 08:20
あわわ(SH35)
2009/05/20 15:36
この曲探してました 佐藤千代子の生涯が浮かび泣けます
感想御礼♪ 佐藤千夜子については、実はあまり深くは知らないです。ただ、その晩年は、身を持ち崩してしまい、不遇だった…とは聞いてます。芸能界というは「人気商売」なので、一度名前が出ると、一挙一動が注目され、その後名前を聞くコトが無くなっても、「あの人は現在…」なんて話題になりますね。たとえ引退しても、あるいはすでに亡くなられていても、やはり「知りたい」のでしょうね。オイラも、昔好きだったアイドルの「現在」は、なんでか興味があります。で、不遇だと知ってしまったら、やはりさびしいですね。
- あしたに〜 - 2009/05/20 18:47
221系近江今津発普通京都行き(pc)
2009/01/26 22:29
急行能登号金沢駅到着の車内メロです!
感想御礼♪ なぜに金沢で「東京行進曲」? もちろん金沢は東京ぢゃないし、佐藤千夜子や中山晋平の出身地でもないし、ゆかりの地とも聞かないし。なんか、イメージ的にもチョット違った感じがしますね。 金沢なら、観光地としても有名だし、そこを舞台とした歌もあったよぅな(やっぱり演歌かな)。ソレを差し置いて、あえて?「東京〜」を持ってくる、その所以が知りたいですね。 急行「能登」が、東京から来たコトを〈自己主張〉してたりとか。で、金沢が由緒ある地だから、古式床しい(実は、古くさい)この曲を選んだ…とかね。
- あしたに〜 - 2009/01/27 08:17
にいちゃん(TS3B)
2008/11/20 21:24
オリジナル歌手・佐藤千夜子さんの歌唱は、『東京行進曲』よりも『紅屋の娘』のほうが声質と歌の内容がよく合ってる雰囲気です。
感想おぉきに〜♪ いわゆる〈流行歌〉っぽいこの曲に、かわいらしい「紅屋〜」を組み合わせるコトは、当時としては大胆だったかもしれません。ひと昔前ネット配信のまだ無かった頃、つまり「レコード」が一番〈イイおと〉での入手手段だった頃には、メインの曲とは別に、いわゆる〈B面〉として、「オマケで」もぅ一曲聴けましたよね。オマケだから軽く扱われていたのかもしれないけど、〈A面〉曲とはガラっと違う曲調もあり、買った時にはA面目当てでも、B面曲も結構楽しめましたね。コチラの方が、歌ぃ手に似合っている…と思えたコトも、結構ありました。オイラも「B面曲目当て」で購入したコトもありましたが、このシングルレコードも、こんなカタチで買ったかも。 
- あしたに〜 - 2008/11/21 07:53
にいちゃん(TS3B)
2008/11/15 15:57
佐藤千夜子さんは素朴で豊かな歌声が特徴的な歌手で『東京行進曲』のオリジナル歌唱からもマイペースな雰囲気が伝わります(抒情的な作品にとても合う歌声で、中山晋平の新民謡や独唱作品にすばらしい歌唱をなさってます)。
感想おぉきに〜♪ 佐藤千夜子の演奏は、「レコード」といぅカタチでは、まだきく機会がナイので、イマイチつかめておりません。ただこの曲なら、たまーに、昔々の映像や、戦前を舞台にしたドラマなどできこえていた、チョット硬めの女声が、佐藤そのひと…なのでしょうか。当代の、今で云うなら〈アイドル〉だったから、レコードもたくさん有ったのでしょうね。SP録音の復刻盤があれば、ぜひともきいてみたいでス。そぅいえば、カップリング(B面)が、かの時代のアイドルポップス「紅屋の娘」だったそぅで。テレビで、なんとなく耳にしていたのが佐藤歌唱のなら、コチラもおもしろそぅでスね。
- あしたに〜 - 2008/11/15 23:15
にいちゃん(TS3B)
2008/10/24 08:54
この歌は山形県天童市出身の佐藤千夜子さんの代表曲ですね。外資系レコード会社との、日本初の "印税契約レコード歌手" としても知られています。歌詩は8番構成で、メロディ前半が歌詩1番。メロディ後半は2番です。本来の"歌詩1番" 「〜誰が知ろ♪」は江戸情緒、"歌詩2番"「♪ジャズで〜」は1929年当時のモダンな様子が描かれて1番と対比的にも思えます。
感想おぉきに〜♪ 対句…ってヤツでスね。昔と今、和風とモダーン、あい反するモノが、時には反発し、時には調和し、そして融合して「文化」になる。 昭和4年、関東大震災から復興したばかりの頃の、生まれ変わった〈新しい〉東京の歌でスね。ラヂオから流れてくる軽やかなメロディーをきけば、誰もが「花の都・大東京」に憧れたコトでしょうね。
- あしたに〜 - 2008/10/24 19:27
key(KC3B)
2008/10/02 02:10
どこをさがしてもなかったので、自作して下さっていてとてもありがたかったです。
感想御礼♪ 著作権がフリーで良かったデス。でないと、ふたページあるうちの、ひとページしかコピーできないから。同じ〈中山晋平曲〉の「東京音頭」の譜面をコピーしたとき、原本の〈新民謡〉だったかな中山晋平曲集の、その次に有ったので、その時は「ついでに」取っといたワケでしたが…。リクエストが無かったら、まだ作成する気持ちも起きなかったコトでしょう。 こぅいぅ〈昔の流行り歌〉って、イイですよね。音的には、現在から比べたら、ずっと貧相かもしれないけど、この曲など、その〈貧相〉さの中に、「時代」を感じさせてくれるモノがありまス。まぁ、コレは、単に「時間」を経ているから、単純計算で昔を〈古い〉と云うだけで、この曲が大ブレイクしていた時(まだ戦前でした)には、最先端のベストセラーだったそぅでス。 歌詞4番に「小田急」が出てくるけど、キャンペーンソングなのかは、聞いたコトがナイので、コメントできるよぅ、調べておきまスね。
- あしたに〜 - 2008/10/02 08:14
帝都の守護神、日本橋の聖獣、麒麟(HI3B)
2008/09/14 19:56
野口雨情 中山晋平の 合作としての代表作です。自分が初めて聞いたのは SP盤でした。
佐藤千夜子さんの声は すごく高音で 長く聞いていると 頭が痛くなるなる時も あった。
感想御礼♪ 佐藤千夜子歌唱かどぅかはわからないけど、オイラも昔、やたら昔っぽいこの曲を耳にした記憶がありまス。確かに〈甲高い〉歌声だったから、もしかして佐藤歌唱のSPレコードかもしれないでスね。あくまでも印象だけど、歌声が甲高い…というより、SPレコードじたいが、高音域が目立つ音質ですよね。しかも〈レンジ〉ってヤツかな? その高音域で結構音ワレとかするのが多いよぅな。ソレだから、なぉなぉ〈キンキン歌声〉が目立ったのかも。 ただ、あぇて云えば、目立つよぅにしたかったために、高音域で唄ったのかもしれませんね。童謡など、先入観を抱いてしまうくらい、それこそ〈思わず頭痛が〉クラスのキンキン歌声で録音されたSPがほとんどでしたよね。フツーに唄ってほしい…と思ってたけど、乏しい音質の中で、曲を覚えてもらいたいから、目立つよぅに、あぇてキンキン歌声で録音したワケなんでしょうね。
- あしたに〜 - 2008/09/14 21:38
るい(CA39)
2008/09/04 20:55
よく戦争の特集にてバックにかかる曲ですよね?私も元曲は聴いたことはないですが、かなり完璧な作品になっていますよ。蓄音機が手元にあるかのようです♪
感想御礼♪ 昭和4年の曲だそぅでス。大正ロマンが12年の大震災で痛め付けられ、そこからやっと立ち直った頃でスね。そんな曲が、戦争の番組でかかるとは、正直さびしい限り。確かに「小林多喜二虐殺」とか「東京大空襲」とか、東京を舞台にした、戦争にかかわる〈汚点〉以外の何物でもない歴史的事件もたくさんあったワケであり、またこの曲が、たぶん、当時の「東京」を代表する人気曲だったから、結び付いてしまったのでしょうか。…って、戦争番組のスタッフは、もちろん現在リアルタイムぢゃによって、〈戦争まえ〉の〈東京の歌〉というワケで、安直にこの曲を持ってきたコトだろうけど。まァ、この曲の歌詞だと、大戦中には〈頽廃的〉だと禁止されたコトでしょうね。
- あしたに〜 - 2008/09/05 00:15
melody(CA3B)
2008/09/04 18:26
この曲なら聴いた事ありますが 題名は知りませんでした

なんだかいいですね…
 アコーディオンの伴奏で歌ってるようですね…
昔 佐藤千夜子さんをモデルにしたドラマが放送されていた記憶があります… 内容は覚えていませんが…
こういう曲もいいですね…

ありがとうございます…

感想御礼♪ その頃生きていないから、この曲の流行っていた時代なんて、ハナシ以外何も知らないけど、この曲を耳にすると、なぜか、その時代に居るよぅな気持ちになってしまいまス。佐藤サンのドラマは知らないけど、曲からのイメージと、たぶん似た感じの場景だったかと思えまス。 中山晋平曲としても、ほかの曲なら、そぅは感じないのに、この曲だけは〈古くさい〉感じでないとイメージに合わない気がして。レコードならSP盤に自分で針を乗せて。街中できこえてきたのは、硝子戸の商店の店先に置いてあるラヂオから。どちらもノイズがいっぱいで、むしろ曲よりもノイズの方が大きくきこえてくる…でも、こんな風景が、よく似合う気がしまスね。拙作の伴奏は、オルガンでス。歌メロとオルガンだけ、佳き時代のイメージでス。
- あしたに〜 - 2008/09/04 21:25
このページのURL

spacer

着メロ -> 佐藤千夜子 -> 東京行進曲 -> あしたに〜さんの着メロ

iPhone用ログイン

auをご利用のお客様
au IDログイン

softbankをご利用のお客様
my softbankログイン

docomoをご利用のお客様
docomoログイン
Apple端末でログインできない方はコチラ

くまちゃんのつぶやき

くまちゃん画像
くまちゃん@jken_kumachanのつぶやきをチェックしよう!

spacer

許諾番号
会社概要 | 利用規約 | 投稿規約 | 個人情報保護方針 | 個人情報の利用目的
〜着メロならJ研〜
CA MOBILE, Ltd.