井上陽水

井上陽水の楽曲一覧です。欲しい曲を探してみよう!


少年時代(122曲)
夢の中へ(12曲)
心もよう(6曲)
傘がない(3曲)
Good,Good-Bye(3曲)
結詞(2曲)
東へ西へ(2曲)
ジェラシー(2曲)
白い一日(2曲)
Make-up Shadow(1曲)
TRANSIT(1曲)
氷の世界(1曲)
野イチゴ(1曲)
MAP(1曲)
ライバル(1曲)
御免(1曲)
恋の予感(1曲)
夜のバス(1曲)
新しい恋(1曲)
5月の別れ(1曲)
女神(1曲)
チエちゃん(1曲)
断絶(1曲)

spacer

『井上陽水』とは

井上陽水についての情報です!

井上 陽水(いのうえ ようすい、1948年8月30日 - )は、日本のシンガーソングライター。血液型AB型。身長178cm。福岡県出身。本名は井上陽水と書いて「いのうえ あきみ」と読む。1970年代には吉田拓郎、かぐや姫と並んでフォークソングあるいはニューミュージックの中心人物だった。その後も1984年のアルバム『9.5カラット』が売り上げ100万枚、1999年のベストアルバム『GOLDEN BEST』は売り上げ200万枚を達成するなど、長いキャリアを通して高い人気を維持している。

フランスのミッシェル・ポルナレフに強い影響を受けており、ミッシェルを真似てモジャモジャの長いカーリーへアーをし、決してサングラスを取らないというスタイルを70年代は通していた。また、特徴の強い歌詞と歌い方でも知られている。1976年ごろまで、歌詞は繊細で切実な感情を素直に表現したものが多く、高く細い声を絞り出すようにして歌っていた。時代を下るにつれて、歌詞は言葉の響きを重視した一見ナンセンスなものになり、ねっとりとした独特の発音で甘く歌うようになった。

デビュー前からビートルズの熱狂的なファンである。コンサートやテレビ番組の中でしばしばビートルズの作品を歌うほか、ビートルズの影響は数多く指摘される。

2人目の妻である石川セリとの間に一男二女がいる。

[出典]ウィキペディア:フリー百科事典

着メロ リクエスト
着メロ -> J−POP -> 井上陽水

iPhone用ログイン

auをご利用のお客様
au IDログイン

softbankをご利用のお客様
my softbankログイン

docomoをご利用のお客様
docomoログイン
Apple端末でログインできない方はコチラ

携帯J研へアクセス

http://j-ken.com/?in=pco_q

くまちゃんのつぶやき

くまちゃん画像
くまちゃん@jken_kumachanのつぶやきをチェックしよう!

spacer

許諾番号
会社概要 | 利用規約 | 投稿規約 | 個人情報保護方針 | 個人情報の利用目的
〜着メロならJ研〜
CA MOBILE, Ltd.