J研 for Android

J.B.クラーマー

J.B.クラーマーの楽曲一覧です。欲しい曲を探してみよう!

J.B.クラーマー』の他にも色々あるよ♪

spacer

最初  前へ  1  2  次へ  最後

J.B.クラーマー』とは

J.B.クラーマーについての情報です!

ヨハン・バプティスト・クラーマー (Johann Baptist Cramer 1771年2月24日マンハイム生 - 1858年4月16日ケンジントン没) はピアニストで作曲家。

クラーマーは彼の時代の最も有名なピアニストの一人で、それに加えてピアノ教育家としても有名であった。
イギリスのヴィクトリア女王は彼の出現に熱狂した。
弟子のジョルジュ・オンスローはのちに作曲家となった。

クラーマーは3歳のときに両親と共にロンドンに移住した。
父親のヴィルヘルム(de:Johann Wilhelm Cramer)は有名なヴァイオリニストだった。
1782年から1784までクレメンティにピアノの指導を受けた。
大陸ヨーロッパ演奏旅行 (1788年-1790年と1799年-1800年)のうち、2度目のドイツとオーストリアへの旅行ではベートーヴェンとも知り合った。

クラーマーはロンドンでピアノ製造と音楽出版の企業家としても成功。
このピアノブランドは今日もなお存在し、極東では人気がある。
1824年にクラーマーはアディソンとビーグルを共同経営者として音楽出版社を始め、これもまたJ.B.Cramer & Co.Ltd.の名で今日なお存在する。
クラーマーはロンドン・フィルハーモニック協会の共同設立者でもあった。

「実際的ピアノ技法大集」(1815年)の第5巻としても出版された84の練習曲作品50は今日なお重要で、ピアノ教育に欠かすことのできないものである。
この曲集はハンス・フォン・ビューローによって改訂された(「クラーマー=ビューロー練習曲」)。
クラーマーのピアノ作品の一部はかなり簡潔な構造で書かれているが、しかしそれは多くのアマチュアに「本物のクラーマー」を提供できるようにと、クラーマーが自身の出版社のために書いた作品に関してのことである。
彼の完全に通用する作品はまず第一にクラーマー自身のために創作されたものである。
これらは様式的にはフンメルとベートーヴェンの間に位置し、高度に技巧的なものである。

[出典]ウィキペディア:フリー百科事典

着メロ -> クラシック等 -> J.B.クラーマー
オルゴール

iPhone用ログイン

auをご利用のお客様
au IDログイン

softbankをご利用のお客様
my softbankログイン

docomoをご利用のお客様
docomoログイン
Apple端末でログインできない方はコチラ

携帯J研へアクセス

https://j-ken.com/?in=pco_q

くまちゃんのつぶやき

くまちゃん画像
くまちゃん@jken_kumachanのつぶやきをチェックしよう!

spacer

許諾番号
会社概要 | 利用規約 | Cookieに関するガイドライン |  個人情報保護方針 | 個人情報の利用目的
〜着メロならJ研〜
株式会社CAM