J研 for Android

パッヘルベル』とは

パッヘルベルについての情報です!

ヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel, 1653年9月1日 - 1706年3月3日)は、ドイツのバロック音楽期の作曲家である。

最後で最大の宗教戦争である30年戦争(1618-1648)直後にニュルンベルクで生まれ、同地に没した。ウィーン、アイゼナハ、エアフルト、シュトゥットガルト、ゴータ、ニュルンベルクでプロテスタントの教会音楽家・オルガニストを務めた。

ヨハン・セバスティアン・バッハの父、ヨハン・アンブロジウス・バッハと親交があり、またバッハの長兄ヨハン・クリストフ・バッハの師でもあった。「パッヘルベル形式」といわれるオルガンコラールはバッハに影響を与えた。

作品には上記のオルガン・コラールのほか、合唱曲、三重奏、合奏ソナタ、組曲などがある。 現在「パッヘルベルのカノン」として親しまれる曲は、「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグニ長調」の第1曲である。

息子カールは、1730年代に渡米して、ニューイングランド諸州やサウスカロライナ州で教会オルガニストとして活動した。

なお、ドイツ語の"Pachelbel"の読みは「パッヘルベル」が近く、「パッフェルベル」も「パッヒェルベル」も誤りである。

[出典]ウィキペディア:フリー百科事典

着メロ -> クラシック等 -> パッヘルベル
オルゴール

iPhone用ログイン

auをご利用のお客様
au IDログイン

softbankをご利用のお客様
my softbankログイン

docomoをご利用のお客様
docomoログイン
Apple端末でログインできない方はコチラ

携帯J研へアクセス

https://j-ken.com/?in=pco_q

くまちゃんのつぶやき

くまちゃん画像
くまちゃん@jken_kumachanのつぶやきをチェックしよう!

spacer

許諾番号
会社概要 | 利用規約 | Cookieに関するガイドライン |  個人情報保護方針 | 個人情報の利用目的
〜着メロならJ研〜
株式会社CAM