J研 for Android

光速電神アルベガス

光速電神アルベガスの楽曲一覧です。欲しい曲を探してみよう!

光速電神アルベガス』の他にも色々あるよ♪

戦闘(1曲)

spacer

光速電神アルベガス』とは

光速電神アルベガスについての情報です!

『光速電神アルベガス』(こうそくでんじん-)は、1983年(昭和58年)3月30日から1984年(昭和59年)2月8日までテレビ東京系で毎週水曜日17:55 - 18:25に全45話が放送された、東映動画製作のロボットアニメ。


当時のアニメ制作会社各社が、『ガンダム』ブーム後を見据えて新たなロボットアニメの方向性を模索していた中、東映も新境地の開拓を目指して前々作『百獣王ゴライオン』や前作『機甲艦隊ダイラガーXV』を制作してきたが、作品として満足できる評価は得られなかった。そのため本作ではロボットアニメの原点に立ち帰る形で作られている。ロボットの操縦者は熱血系の主人公、クールなNo.2、紅一点のヒロインと極めてオーソドックスなものとなった。

また玩具オリジナル企画『コンポボーイ』の設定が一部流用された。

アニメ雑誌の新番組速報等、初期の紹介記事においては『電神アルベガス』の仮タイトルで紹介された。

ロボットアニメ原点回帰のコンセプトとして「ゲッター再生」が掲げられ、3体のメカが合体して様々な能力を発揮するロボットになるという「三体合体六変化」のフレキシブルな設定はゲッターロボの拡大発展形である。玩具セールスとしては一応成功はしたが、玩具での再現性を最重視したため各形態でのプロポーションがほとんど変わらず没個性的なものになってしまい、大ヒットと言える程のものにはならなかった。

脚本は酒井あきよしと上原正三の二人がローテーションで行っていたが、終盤は酒井が次作『ビデオ戦士レザリオン』、上原は『宇宙刑事シャイダー』『星雲仮面マシンマン』の準備にそれぞれ入ったため、別の脚本家が執筆している。音楽は前2作とは異なり、『マジンガーZ』などのロボットアニメや、スーパー戦隊シリーズ、メタルヒーローシリーズ、『スパイダーマン』などの特撮ヒーロー作品で有名な渡辺宙明である。

なお、テレビ愛知は開局直前に途中からサービス放送していた。

この作品で東映動画制作・八手三郎ロボットアニメシリーズはテレビ東京での放送を終え、次作の『ビデオ戦士レザリオン』はTBSで放送される。

[出典]ウィキペディア:フリー百科事典

着メロ -> アニメ・特撮 -> 光速電神アルベガス
主題歌 / 挿入歌 / OP / ED / オルゴール

iPhone用ログイン

auをご利用のお客様
au IDログイン

softbankをご利用のお客様
my softbankログイン

docomoをご利用のお客様
docomoログイン
Apple端末でログインできない方はコチラ

携帯J研へアクセス

https://j-ken.com/?in=pco_q

くまちゃんのつぶやき

くまちゃん画像
くまちゃん@jken_kumachanのつぶやきをチェックしよう!

spacer

許諾番号
会社概要 | 利用規約 | Cookieに関するガイドライン |  個人情報保護方針 | 個人情報の利用目的
〜着メロならJ研〜
株式会社CAM