SUM 41

SUM 41の楽曲一覧です。欲しい曲を探してみよう!


Still Waiting(32曲)
The Hell Song(25曲)
Fat Lip(11曲)
In Too Deep(10曲)
Mr Amsterdam(8曲)
No Reason(6曲)
No Brains(6曲)
The Bitter End(5曲)
Handle This(4曲)
Open Your Eyes(3曲)
Wellcome to hell(3曲)
All Messed Up(3曲)
Never Wake Up(2曲)
All She's Got(2曲)
88(2曲)
Noots(1曲)
Billy Spleen(1曲)
hooch(1曲)
Rhythms(1曲)
I'm Not The One(1曲)
Some Say(1曲)
Motivation(1曲)
My Direction(1曲)
Underclass Hero(1曲)
Summer(1曲)
Moron(1曲)
Heart Attack(1曲)
What I Believe(1曲)

spacer

『SUM 41』とは

SUM 41についての情報です!

Sum 41(サム・フォーティーワン)は、カナダオンタリオ州エイジャックス出身のパンク/メタルバンドである。バンド名の由来は、夏休みが41日目に差し掛かった日に一緒に出かけたワープド・ツアーで感銘を受け、この日から活動を開始したことによる。2002年から2003年、2004年に立て続けに来日し、サマーソニックにも出演した。 現在は3人で活動している。

"We're All To Blame"は映画ゴジラ FINAL WARSの挿入歌に使用され、話題を呼んだ。
デリック・ウィブリー(Deryck Whibley (Bizzy D)、1980年3月21日 - ) - ギター、リード・ヴォーカル
  2006年にアヴリル・ラヴィーンと結婚。実は内気な性格。バンド結成当時はツンツンと立てた金髪だったが後に黒く染め、さらに後になって髪の毛を立てるのも止めた。スティーヴが歌う時には代わりにドラムを叩く。アヴリルのものによく似たモデルのギターを持つ(フェンダー社のテレキャスターまたはテレキャスターデラックス)

ジェイ・マクキャスリン(Jason McCaslin (Cone)、1980年9月3日 - ) - ベース、ヴォーカル
童顔で痩せ身という頼りなさそうな外見とは裏腹に冷静で分析的な性格。マネージャー的な雑務もこなす。時々歌うが、声を枯らして叫ぶような特徴的な歌い方をすることが多い。ベースはピックで弾く。若い女性には一番人気がある。

スティーヴ・ジョクス(Steve Jocz (Stevo 32)、1981年7月23日 - ) - ドラム、ヴォーカル
ドラマーでありながら歌うのが好きで、ラップもよく歌う。ドラムのテクニックは若手ロックバンドの中では随一。オヤジギャグとマシンガントークで突っ走る、ある意味メンバーで一番キャラが濃いと言える人物。過激なユーモアを好み、ライヴアルバムHappy Live Surpriseの特典DVDのグロテスクなコメディ・ムービーは彼が中心になって作った。
マーク・スピコラク
マーク・コスタンゾ
デイヴ・バクシュ(Dave Baksh (Brown Sound)、1980年7月26日 - ) - リード・ギター、ヴォーカル

[出典]ウィキペディア:フリー百科事典

着メロ リクエスト
着メロ -> 洋楽 -> SUM 41

投稿者ログイン

ID
パスワード
クリエイター初心者ガイド
新規クリエイター登録

iPhone用ログイン

auをご利用のお客様
au IDログイン

softbankをご利用のお客様
my softbankログイン

docomoをご利用のお客様
docomoログイン

更新履歴

携帯J研へアクセス

http://j-ken.ne.jp/?in=pco_q

くまちゃんのつぶやき

くまちゃん画像
くまちゃん@jken_kumachanのつぶやきをチェックしよう!

spacer

許諾番号
会社概要 | 利用規約 | 投稿規約 | 個人情報保護方針 | 個人情報の利用目的
〜着メロならJ研〜
CA MOBILE, Ltd.